バントとは?

バントとは?

パパとママの野球アカデミー

こんにちは、パイラスベースボールです。
今日もすっきりしない天気ですね。。。
今日も野球少年・少女を持つお母さまの為に野球用語の解説をしたいと思います!
さて今日は送りバントについて解説をしていきたいと思います。

バントとは? 

バントにはいくつか種類がありますが
送りバント⇒自分を犠牲にして塁上にいる味方のランナーを次の塁へ進めるバント
セーフティーバント⇒自分も犠牲にせず、犠牲にして塁上にいる味方のランナーを次の塁へ進めるバント
スクイズ⇒三塁にいるランナーをバントでホームに生還させるバント

今日はこの3つのあるバントの①送りバントについて説明していきたいと思います😊

①意味
バッター自身がアウトになる代わり、塁上にいるランナーを次の塁へと進めるプレーのこと。
②どうやってバントをするか
バントをする場合、打者は体の向きを投手に正対させ、片方の手をバットの太い部分に添えて行う。
③どうやってバントを成功させるか
 1. バントして転がるボールの勢いを可能な限り弱める
 2. 守るピッチャーやその他の選手(内野手)からなるべく離れた場所にゴロを転がす

また、送りバントの由来でしが、塁上のランナーを次の塁へと送り出すことから「送りバント」という。

一塁ランナーを二塁に進めるバント
一塁と二塁にいるランナーを二塁と三塁に進めるバント

豆知識

送りバントは英語で“sacrificed bunt” (サクリファイスバント)と言います。
自分が犠牲になるバントってことで犠牲バント、分かり易いですね!

=========================
~パイラスベースボールアカデミー~
「自分で決める」を育む野球アカデミー

【お問い合わせ先】
電話番号:080-9383-5405
メールアドレス:k.kobayashi@pyrus-academy.com