NPB・MLBの史上最長飛距離はどのホームラン?

NPB・MLBの史上最長飛距離はどのホームラン?

2020年6月23日
パパとママの野球アカデミー

二週目となった今日は、最高飛距離ホームランはいったいどのホームラン?です!

野球をしていれば皆が必ず打ってみたいと思うホームラン、その中でも気になるのがどれだけボールが飛んだ?!です。

遠くにボールを飛ばしたからといって2倍点数が貰えるわけでもないのに、とにかく遠くに飛ばそうとしていた小学・中学時代を思い出しますね~

さて、雑談はこれほどにしておきましょう!!

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、NPB(日本プロ野球)史上最もボールを遠くに飛ばした選手は元西武ライオンズベネズエラ出身アレックス・カブレラ選手です。

元横浜ベイスターズ(現DeNAベイスターズ)の三浦大輔投手から放った打球は球場の屋根を直撃。

なんというパワー、、、、、、(笑)

結果、ボールはスタンドに入ることなく、グラウンドに落ちましたが球場ルールにより認定アーチとなりました。
こちらが動画になります~!

https://www.youtube.com/watch?v=T_ux4g6UcIM
2005年6月3日交流戦:対横浜ベイスターズ

認定アーチ:簡単に言うと天井に当たるくらいボールが飛んでいたから、天井なければホームランだよね?!と言うの様な感じで(笑)

ちなみにMLBの最長記録はStat Castが導入されてからの記録を参考にしました!こちらはコロラド コロラドロッキーズに在籍するトレバー・ストーリー選手です!

スタットキャスト:メジャーリーグベースボール(MLB)が活用するデータ解析ツールであり、選手・ボールの動きを分析するもの。

ここで豆知識!!

実は、ボールは標高が高いと飛距離が出ます!
というのも、標高が高い場所は空気が薄く、空気が薄い方と空気抵抗が減るからです。

このコロラド ロッキーズのボールパークは標高1マイル(約1,600メートル)地点にあることから、通称「マイル・ハイ」と呼ばれている。

標高が高いからといってここまで飛ぶわけではないので、どうしたらボールが遠くに「より飛ぶのか」を考えながら練習してみてください⚾

~パイラスベースボールアカデミー~
「自分で決める」を育む野球アカデミー

【お問い合わせ先】
電話番号:080-9383-5405
メールアドレス:k.kobayashi@pyrus-academy.com